ぴゅう太G-BASICにおける、ゲーム制作の効率化手法

コンシューマゲームの開発において、開発およびデバッグ作業はPCのエミュレータ上で行い、実機での作業は最終的なチェックのみという手法がとられることは珍しくない。特に実機の性能が低い場合、メモリやパフォーマンスに余裕があるPCで作業したほうが効率…

ぴゅう太でゲーム制作「脱衣花札 ぎゃるかぶ!」

この記事に触発され、昔ぴゅう太ユーザーだった私も何か作ってみたくなった。 企画立案 かつてマイコンBASICマガジン(ベーマガ)に掲載されていた「ヤキュウケン」を参考にさせていただいた。(参考) ぴゅう太に搭載されているメモリはVRAMの16KByteのみで、一…

ぴゅう太でグラディウスっぽいものを作りたかったが

週刊アスキー No.1165(2018年2月13日発行) [雑誌] 出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 発売日: 2018/02/13 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る ぴゅう太の新作ソフト(カセットテープ)が発売され、しかも完売し、なおかつ…

ぴゅう太プログラミング入門

ascii.jpこれを機会に、ぴゅう太のプログラミングに興味を持った方々に向けて、元ユーザーの立場から、ささやかながらアドバイスさせていただきたく。※実機が手元にないので、もし間違っていたらごめんなさい ぴゅう太のグラフィックスについて ぴゅう太のVD…

【イベント】ALL ABOUT マイコンBASICマガジンⅡ #AABM2

マイコンBASICマガジン(ベーマガ)は、電波新聞社から1982年から2003年まで発行されていた、ホビープログラマ向けの月刊誌である。私が初めてパソコンを買ったのは1982年の12月。「ぴゅう太」という、いかにも玩具のような機種名で、実際玩具メーカーが発売し…

けものフレンズを殺したのは誰か

薄々予想はしていたので大きな驚きは無いが、いざ確定してしまうと残念としか言いようがない。 裏でどのようなやり取りがあったのか、当事者以外は知りようがないし、もちろん私も知らない。なのでこれから書く文章は、ただの一個人が(ウイスキーを飲みなが…

ゲーム天国が楽しかったので、アーケードコントローラを買った

ゲーム天国は、1995年(アーケード)~1997年(セガサターン)でリリースされたシューティングゲームである。当時リアルタイムで感じた個人的な感想としては、アーケード版は序盤から敵が硬すぎて正直あまり爽快感がないなぁという印象があったのだけれど、セガ…