スティックPCをRadiko録音用サーバとして活用する

ラジオが好きである。学生時代はオールナイトニッポン(伊集院光デーモン閣下とんねるずウンナン渡瀬マキetc...)を120分カセットテープに録音して、何度も何度も繰り返し聴いていた。
当時のテープは今はもう手元に残っておらず、内容は断片的にしか覚えていないけれど、「かつてウンナンの1コーナーでネタにされてただけだった出川哲朗が後にこんなに有名になるとはなぁ…」「東京の市外局番が4桁になったとき、ツカサのウイークリーマンションの歌に3が追加されたことに渡瀬マキが爆笑してたっけ…」みたいな事を時々思い出す。

昨今では深夜の馬鹿力、ギョーカイ時事放談洲崎西西明日香のデリケートゾーン、あどりぶ等、ネットラジオも含めてちょくちょく聴いている。
録音して残したいとはあまり思わず、基本生で聴けるものだけ聴くというスタンスだったのだけれど、最近になって深夜の馬鹿力とデリケートゾーンの時間帯が重複したり、最近始まった「伊集院光とらじおと」は放送開始時点ではまだ寝てるし、起きてからも朝の支度などで忙しくなかなか聴けない…という不都合がちょくちょく発生し、録音したいという欲求がふつふつと湧いてきた。

radikoを録音しようと思った場合(当然だが録音したものは私個人しか利用しない)、いろいろな理由で録音するための専用のサーバを用意したほうが便利である。新しいPCを1台組んでも良かったのだけれど、以前から興味があったスティックPCというものを買ってみようと思いついた。スペース的にも消費電力的にもエコな感じがしたので。
…で、実際導入してみたところ、いくつかの想定外はあったものの、おおむね期待通りに運用できている。

・購入したもの
まずスティックPCを購入するにあたり、Radikoの録音をするのに十分なパフォーマンスがあるのかどうか不安だった。
当時いくつか販売されていたもののうち、ややスペックが高めだったDG-STK2Sという機種を選んだ。実際に録音中のパフォーマンスを計測してみたら、CPUの消費はおおよそ10数%程度、A&G+の動画付きのラジオでも50%程度で十分に余裕がある。
どうやら、今時のスティックPCならおおむね問題なさそうである。これはDG-STK2Sの後継機種と思われるが、同様に問題なく使えると思われる。値段も手頃だし。

スティックPCには無線LANが内蔵されているが、無線だと録音途中に切れてしまうという懸念があったので、有線接続用のLANインターフェイスを増設することにした。

2つしかない貴重なUSB端子を消費してしまうので、USBポート付きのLANインターフェイスがおすすめである。

 選んだ理由は、USB3.0に対応しているのと、アルミで三角形のボディがなんかカッコよかったので。スティックPCでUSB3.0を活用する意味はあまりないので、もう少し安いものでも良かったのかもしれないが、今のところこれで録音を失敗したことは一度もないので、十分満足している。

・セットアップ
まずはスティックPCをモニタに接続し、マウスとキーボードを接続して起動してみる。動作は若干もっさりしているが、見た目は何の変哲もない普通のWindows10である。
Radikoを録音する方法は色々あるが、今回はシンプルにRadikoolを使うことにしてみた。番組表から予約したい番組を選ぶだけで、何も難しいことはない。
録音したデータをどうやってPCやスマホに持ってこようかな…と思っていたのだが、Microsoftアカウントでセットアップしたら特に何も設定しなくても、勝手にOneDriveで同期されていた。iPhoneにもOneDriveアプリをインストールすることにより、複雑な設定をすることなく、いつでも聴けるようになった。

一旦セットアップが済んでしまえば、わざわざモニタやキーボードを接続するのは面倒くさいのでリモート接続してみたくなるのが人情である。スティックPCはOSがHomeエディションであるため、リモートデスクトップ接続することはできないので、別途UltraVNCをインストールした。必要な設定としては、サーバ側でログインパスワードを設定するのと、アンチウイルスソフトで封じられているポートを開放すること。

・運用してみて
スティックPCはRadikoが録音している時だけ起動しているのが理想であり、それ以外の時間は休止もしくはシャットダウンしておきたいと考えていた。
しかし色々調べた結果、残念ながらDG-STK2Sでは出来ないという結論に達した。まずこのPCには休止という概念はなく、シャットダウンしか出来ない。また、シャットダウン状態から指定時間に起動する場合はPC内部にタイマーが内蔵されている必要があるが、どうやらスティックPCには搭載されていないらしい。
仕方ないので常時起動したままで運用することにした。電気代が気になるところだが、ワットチェッカーで計測したところ消費電力は常時10W前後だった。電気代は月換算でおおよそ200円といったところか。想定外ではあったが、まぁこのぐらいなら許容範囲内かな…。

もうひとつの想定外としては、DG-STK2SにはMicroSDスロットがあるのだが、何度試してもMicroSDを認識させることは出来なかった。ハードの不良なのかドライバが足りないのかは分からない。ただ、Radikoの録音だけなら内蔵のフラッシュメモリ(32Gのうち約半分が空いている)でも十分だと思う。