読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめてのヌードデッサン

イラスト

私は年齢的には若くはないけれど、それでも何か新しいことを始めることが出来て、それによって自分の成長を感じることがあれば、それは幸せなことであるかもしれない。

私の場合は、去年ぐらいからパソコンでイラストを描くという趣味を始めた。
学生時代にも少しだけ絵を描いていたので、厳密には再開ではあるのだけれど、当時から20年近いブランクがあったので実質的にはド素人である。そんな私が本格的に絵を描きたいと思い、色々検討した挙句VAIO Z Canvasを購入し、それから様々な苦労をした挙句やっと使いこなせるようになるまで本当に苦労した。

 (※)VAIO Z Canvasに関しては、言いたいことや使いこなすまでの知見が色々あったので、いずれ改めて紹介したい。

全くのド素人から始めてクリスタの基本的な操作方法を取得し、拙いながらも絵を仕上げることが出来るようにはなったのだけれど、最近では画力の向上が頭打ちになってしまっているのを自覚していた。

そもそも基礎的なデッサン能力が不足しているのは否めない。独学では限界があるので、どこかで本格的に学ぶことはできないか…?と思い色々検索していたら、たまたまヌードデッサン会というものがあることを知った。

ヌードデッサン…なんという魅惑的な響きであろう。
更によく見てみると、講師のプロフィールに大変興味深い記述を見つけた。

インド国立L.S.ラヘージャー美術大学卒。アニメの勉強のため来日し『聖闘士星矢』『宇宙船サジタリウス』『トランスフォ-マー』を手がける。

宇宙船サジタリウスは知る人ぞ知る超名作である。サジタリウスでラザニアという食べ物の存在を始めて知った自分としては、もはやヌード云々以上に心惹かれてしまい、そのままノリと勢いでデッサン会の参加申し込みをした。
自分のようなド素人がヌードデッサンなんておこがましいと思ったが、そもそも素人だからこそ練習する必要があるのだと割り切ることにした。
当日は同時に初心者向けの人物デッサン教室もあるとの事だったので、ちょうど良い機会なのでそちらにも参加することにした。
普段の私は絵を描く作業はほぼ100%パソコンのみで行っているのだけれど、当日に備えて数十年ぶりに木の鉛筆や練り消しゴムなどを購入。こちらのサイトなどを参考にさせていただき予習した。

デッサン会当日、まずは初心者向けの講習から始まった。先生から見本の絵が配られ、これを見ながら模写しろとの指示。
初心者向けにしては無茶ぶりじゃね…?と思ったが、実はこの講習は全10回で、今回が9回目だとの事。今回初参加の私には寝耳に水ではあったが、初めての参加者には先生が都度巡回してアドバイスをしてくれたので、何とか描くことが出来た。

f:id:nicomonger:20161117030126j:plain

左が何もわからないまま最初に描いた絵。いつも描いている癖で、頭でっかちのマンガっぽい体型になってしまった。先生のアドバイスを元に描き直したのが右。
個人的には先生に宇宙船サジタリウスの話を聞きたかったけれど、他の人達は皆真面目に課題に取り組んでいたので、そんな話をする余裕はなかった。

そしていよいよ、ヌードデッサンの会場に移動。当日は私を含めて約25人の参加者がいた。
デッサン1回につき与えられる時間は20分。終わったら休憩を挟み、モデルさんが別のポーズを取って更に20分。それを6回繰り返した。

f:id:nicomonger:20161117030147j:plain

…正直な話、実際に参加するまではヌードデッサンというものにわずかではあるが下心があったことは否定しない。
しかし実際に始まってからは、モデルさんの等身を測って正確な形を把握し、ひたすら描写する…という作業で手一杯で、邪な気持ちは一切感じなかった。あくまでアート的な目線のみ。

今まではずっと自分ひとりで絵を描いていたので、今回のように大人数で一緒に同じ絵を描いたのはとても新鮮な体験で、未だかつて無いほど集中して描くことが出来た。
その分疲労も大きかったけれど、描くことに関して精神を集中することが出来て、とても濃密な体験ができたと思った。これで参加費が合計3500円は非常にコスパが高いと思う。また是非参加したい。

余談:
宇宙船サジタリウスは、1話だけなら無料で観ることが出来る。


宇宙船サジタリウス 第1話「消えた美人教授を追え!」